忍者ブログ

火山系フリーターの落書き帳

火山学者が書かない秘密の話。

MELTS用Ubuntuを導入する3つの方法

1.はじめに

最近でこそExcel版MELTSも出てきましたが、MELTSはこれまでLinuxやMac OSで使うのが一般的でした。 Macはともかく、Linuxといえば何か難しそうなイメージがして、パソコンに詳しくないとなかなかとっつきにくいイメージがあるかと思います。

しかし、近年のLinuxはWindowsのようにマウス操作で画面を操作でき、わざわざコマンドラインを叩く必要がありません。 導入の敷居の高さは残るものの、そんな小難しいものでもないのです。

2.Linuxを導入する3つの方法

通常、Linux OSがインストールされたPCは市販されていないため、導入には下記いずれかの作業が必要になります。 いくら敷居が低くなったと言えど、この点は難しいと思います。

以下、Linuxの代表的なOSであるUbuntuを例に挙げます。 Ubuntuは、Windowsと同じように、個人ユーザーがデスクトップOSとして使うことが多いです。

1.古くなったPCにUbuntuをインストール

従来はこの方法が一般的でした。 使い古したPCにUbuntuを上書きインストールし、専用マシン化する方法です。

PCにUbuntuをインストールするには、UbuntuのOSをダウンロードし、インストールディスクを作成する必要があります。 Ubuntu Japanese Teamでは日本語化された最新のUbuntuを配布しています。 ここからISOファイルと呼ばれるディスクイメージファイルをダウンロードし、これをDVDディスクに書き込みます。 最近のWindowsなら標準でISO書き込みをサポートしています。

ISOディスクを作成したら、PCの内蔵ドライブ(もしくはUSB接続のドライブ)に挿入し、ISOディスクからPCを起動させます。 場合によってはBIOSでOSの起動順序を変える必要があるので大変です。

Ubuntuを上書きインストールすると、それまでPCにインストールされていたOS(通常はWindows)は利用できなくなります。 共存させる手もありますが、ちょっと難易度が高く、ミスるとPCが起動しなくなるなどの問題が生じます。

2.VMwareなど仮想マシンを利用する

マシンスペックに余裕がある場合、VMwareなど仮想マシン上にLinuxをインストールする手があります。 Linuxを、まるでアプリケーションの1つのように利用できるのが利点です。 筆者はこの方法でLinuxを利用しています。

VMware player(現在はVMware Workstation Player)は無償で利用できる仮想マシン構築ソフトで、Windowsで動作します。 画面の指示に従ってUbuntuをインストールできますので、前述の上書きインストールよりも簡単です。

難点はPCスペックが低いと動作が重くなること。 特に標準的なノートパソコン(例えばCPU Core i3程度、RAM 4GB程度)では、少し使い勝手が悪いかもしれません。

3.USBにインストールする

市販の10GBを超えるUSBメモリにインストールする方法があります。 インストールは難しいものの、PCのリソースを豊富に使える点やPC 1台をつぶさずにUbuntuを利用できる点で優れています。

USBにインストールすると、USBブート可能な全てのPCでUbuntuを利用できるようになります。 この環境にMELTSをインストールしておくと、特に学生間で使いまわしできます。

ネックになるのは、インストール時に間違えるとPCを全損する可能性がある点と、準備そのものが難しい点です。 UNetbootinなど支援ソフトもあるものの、PCに疎い方が実施するには少々ハードルが高いように感じます。

3.おしまい

あなたのお使いのPCスペックが許すなら、筆者はVMware playerを通じた仮想マシン上での利用をオススメしたいです。

最近の筆者は、安いPC1台潰してUbuntuノートにしたいと思っています。 Celeron N系列のPCなら3~4万出せば手に入りますので、まぁこのぐらいなら必要経費と考えるのもありかなと。

PR